ジュンク堂書店 難波店で「国家なんか要らない!?」フェアが始まりました。

ジュンク堂書店 難波店で「国家なんか要らない!?」フェアが始まりました。

ジュンク堂書店 難波店で「国家なんか要らない!?」というミニフェアが始まりました。

ピエール・クラストルの本をはじめ、デヴィッド・グレーバー『官僚制のユートピア』以文社、ジェームズ.C.スコット『ゾミア』みすず書房、栗原康『アナキスト本をよむ』新評論、森元斎『国道3号線 抵抗の民衆史』共和国、マーシャル・サーリンズ『歴史の島々』法政大学出版局、などをひとつの棚に集めています。

この機会に、ぜひ、足を運んでみてください。
そして実物の本を手に取っていただけましたら、うれしいです。

アクセス

  • JR難波駅より徒歩1分
  • 四つ橋線なんば駅より徒歩1分
  • 御堂筋線なんば駅より徒歩5分
  • 千日前線なんば駅より徒歩2分
  • 近鉄難波駅より徒歩2分
  • 南海難波駅より徒歩10分

ピエール・クラストルの本

ピエール・クラストルの本

Read more

ピエール・クラストル『国家をもたぬよう社会は努めてきた』――栗原康さんによる書評が「信濃毎日新聞」に掲載

ピエール・クラストル『国家をもたぬよう社会は努めてきた』――栗原康さんによる書評が「信濃毎日新聞」に掲載

装幀を担当。『刑事法をめぐる被害に向き合おう!:被害者・加害者を超えて』(阿部恭子、岡田行雄 著、現代人文社)

装幀を担当。『刑事法をめぐる被害に向き合おう!:被害者・加害者を超えて』(阿部恭子、岡田行雄 著、現代人文社)

試作(写真とアクリル絵の具)

試作(写真とアクリル絵の具)