『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』の著者・中倉智徳さんの翻訳書――『情念の経済学:タルド経済心理学入門』

『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』の著者・中倉智徳さんの翻訳書――『情念の経済学:タルド経済心理学入門』
『情念の経済学 タルド経済心理学入門』

情念の経済学 タルド経済心理学入門
 ブリュノ・ラトゥール、ヴァンサン・アントナン・レピネ 著
 中倉智徳 訳



  • 仕 様 四六判・上製・166頁
  • 装 幀 上野かおる
  • 発 行 人文書院
  • 刊 行 2021年1月刊



 タルドの重要性はマルクスに匹敵し、ケインズやシュンペーターの先駆けでもあります。
「タルドの弟子」を自称するラトゥールが道案内してくれる一冊です。

詳しい書誌情報は 人文書院 をご覧ください。
本書の発行・発売は人文書院です


   * * *

 この本の翻訳者の中倉智徳さんの著作には、小社刊の『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』があります。

 



 

『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』


「 労働の喜びとは何か? それは、共にあり、共に作業すること、社交性が花を咲かせることである!」

詳しい書誌情報は 洛北出版オンラインストア をご覧くださいませ。

 

中倉智徳さんの著作には、小社刊の『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』

また、中倉智徳さんの共訳として、マウリツィオ・ラッツァラート『来事のポリティクス』があります。

「出来事は、事故、リスク、社会現象として、国家や企業、マスメディアによって回収され、無力化されてきた。人々の生に寄生するこのコントロール社会に馴らされないために」

詳しい書誌情報は 洛北出版オンラインストア をご覧くださいませ。

マウリツィオ・ラッツァラート『出来事のポリティクス』

 

 

 

Read more

『密やかな教育』の著者・石田美紀さんの新刊紹介――『アニメと声優のメディア史 なぜ女性が少年を演じるのか』

『密やかな教育』の著者・石田美紀さんの新刊紹介――『アニメと声優のメディア史 なぜ女性が少年を演じるのか』

装幀を担当。『刑事法をめぐる被害に向き合おう!:被害者・加害者を超えて』(阿部恭子、岡田行雄 著、現代人文社)

装幀を担当。『刑事法をめぐる被害に向き合おう!:被害者・加害者を超えて』(阿部恭子、岡田行雄 著、現代人文社)

装幀を担当いたしました。『あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史』

装幀を担当いたしました。『あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史』