装幀のみ担当しました。『歴史学入門:だれにでもひらかれた14講』

装幀のみ担当しました。『歴史学入門:だれにでもひらかれた14講』

 

歴史学入門――だれにでもひらかれた14講』
 前川一郎 編

  • 発 行 昭和堂
  • 仕 様 A5判 横組み 並製
  • 刊行日 2023年7月刊行


装幀のみを担当させていただきました。

発行と発売は、昭和堂です。

史学概論というより、歴史を「学ぶ」ことはおもしろい、と気づいてもらうための「入門の入門書」です。
高校の図書室に必備されることも、おすすめします。

目 次

第Ⅰ部 歴史学の見方と方法

第1章 歴史学――事実にこだわり、過去を通じて今を知る
  前川一郎
第2章 歴史学の基本ルーティン――研究方法と論文の書き方
  小林和夫
第3章 科学史――歴史的視野で科学の営みをとらえる
  隠岐さや香
第4章 史学史――歴史学はいかに世界を認識してきたか?
  浅田進史
第5章 海――海洋中心史観は陸地中心史観を超えるか?
  鈴木英明
第6章 政治・社会思想史――歴史の天使は未来をまなざす
  馬路智仁
第7章 歴史教育――公教育で歴史を学ぶとは
  平井美津子

第Ⅱ部 過去を通じて現在を知る

第8章 グローバリゼーション――つながり、移動し、変化する歴史
  太田淳
第9章 国民と民族――なぜ人はネイションに縛られるのか?
  中澤達哉
第10章 人種主義――複合的な差別のひとつとして考える
  藤川隆男
第11章 ジェンダー――規範から自己決定へいたる歴史
  小田原琳
第12章 経済成長と格差――なぜ世界には豊かな国と貧しい国があるのか?
  小林和夫
第13章 帝国主義――国際社会の歴史的淵源を考える
  前川一郎
第14章 戦争――カテゴリーの暴力を超えて
  五十嵐元道

 

Read more

原口剛さん(地理学者 神戸大学)を迎えて、まちの「再開発」をめぐる勉強会 2023年9月

原口剛さん(地理学者 神戸大学)を迎えて、まちの「再開発」をめぐる勉強会 2023年9月

中間報告 2024年2月

中間報告 2024年2月

【重版 完成】 『国家をもたぬよう社会は努めてきた』、ピエール・クラストル著

【重版 完成】 『国家をもたぬよう社会は努めてきた』、ピエール・クラストル著