装幀を担当いたしました。『あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史』

装幀を担当いたしました。『あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史』
『あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史』

 

 

あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史
 フィリップ・ブローム著
 佐藤正樹 訳



  • 刊行 2021年2月(近刊)
  • 仕様 四六判 並製
  • 発行 法政大学出版局


Philipp Blom, Eine italienische Reise. Auf den Spuren des Auswanderers, der vor 300 Jahren meine Geige baute.



 装幀を担当させていただきました。

 300年前につくられたヴァイオリンの来歴を調べる旅を通して、戦争や疫病の時代を生き抜くために移民となり、やがて文化をつくった無名の人々の姿を描いています。



 詳しい書誌情報は 法政大学出版局 をご覧くださいませ。

『あるヴァイオリンの旅路――移民たちのヨーロッパ文化史』

 

 

 

洛北出版装幀

  試作したスケッチ

 

 

 .

Read more

『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』の著者・中倉智徳さんの翻訳書――『情念の経済学:タルド経済心理学入門』

『ガブリエル・タルド 贈与とアソシアシオンの体制へ』の著者・中倉智徳さんの翻訳書――『情念の経済学:タルド経済心理学入門』

中間報告 2024年2月

中間報告 2024年2月

試作:2021年2月22日

試作:2021年2月22日