装幀を担当しました。『伊波普猷の政治と哲学 日琉同祖論再読』崎濱紗奈[著]、法政大学出版局

装幀を担当しました。『伊波普猷の政治と哲学 日琉同祖論再読』崎濱紗奈[著]、法政大学出版局
伊波普猷の政治と哲学 日琉同祖論再読
 崎濱紗奈[著]
 法政大学出版局


この本は、法政大学出版局から刊行されています。
小社は、装幀のみを担当させていただきました。
2022年10月に刊行予定です。

  • 仕 様┃ A5判 上製 326頁
  • 刊行日┃ 2022年10月 予定
  • 発 行┃ 法政大学出版局
  • ISBN  ┃ 978-4-588-15130-9


詳しい書誌情報は、法政大学出版局のホームページをご覧くださいませ。


 沖縄学の父、伊波普猷の「日琉同祖論」を日本への同化/日本からの異化という二項対立構造から解放し、脱構築的読解により「政治」を開始するための場としての〈主体〉を導き出す。
 伊波普猷を読み直すという行為は、伊波が消去しようとした「政治」から出発し、今あるのではない様に、世界を変容させるための方途を掴もうとする営みである。
 沖縄近現代思想史の核心への果敢な試み。
『伊波普猷の政治と哲学 日琉同祖論再読』 崎濱紗奈[著] 法政大学出版局(オビのある書影です)


目 次

序 章
 はじめに
 第一節 本書の目的
  1‐1 脱構築的読解
  1‐2 「政治哲学」と〈政治神学〉
  1‐3 伊波のテクストの只中において生じる脱構築
 第二節 関心の所在
 第三節 本書の構成

第一章 沖縄近現代思想史における根幹問題としての「主体」
 第一節 伊波普猷という問題──「同化」と「異化」をめぐって
  1‐1 戦略的同化主義
  1‐2 同化主義批判
 第二節 「政治」と「倫理」
 第三節 「政治」と「主体」
 第四節 伊波普猷の「日琉同祖論」と「政治」

第二章 「政治哲学」としての「初期日琉同祖論」
 第一節 「個性」の領域
 第二節 旧慣温存から土地整理へ──沖縄における資本主義の浸透
 第三節 「辺境」としての沖縄
 第四節 「個性」を配置する「神」

第三章 蘇鉄地獄下における「沖縄人」の再人種化
 第一節 蘇鉄地獄
 第二節 「沖縄的労働市場」と「沖縄人」の再人種化
  2‐1 「沖縄的労働市場」と「沖縄人」
  2‐2 「擬似エリート層」と「日本人」への同化
 第三節 「沖縄問題」の誕生──「さまよへる琉球人」と沖縄青年同盟
 第四節 沖縄救済論──救済されるべき「対象」としての「沖縄」

第四章 郷土論的展開──純粋無垢な共同体「まきよ」の発見と「稲」
 第一節 資本主義への対抗としての柳田民俗学
 第二節 郷土研究──病への処方箋
 第三節 伊波普猷の「政治」
 第四節 悪い「稲」──原初の租税と奴隷
  4‐1 「奴隷制度」の「魔術」的起源
  4‐2 原初の租税としての「稲」
 第五節 善い「稲」──純粋無垢な共同体「まきよ」

第五章 記紀神話への挑戦──アマミキヨの南漸
 第一節 〈原日本〉=〈原沖縄〉としての「日琉同祖論」
 第二節 北上説と南漸説──「稲」の来歴
 第三節 「政治」のはじまり──「父」による「母」の征服
 第四節 遠来神の足跡
 第五節 折口信夫の神学

第六章 〈政治神学〉としての「日琉同祖論」
 第一節 「祖先神」と「遠来神」の融合
 第二節 伊波普猷の戦争責任──「決戦場・沖縄本島」をめぐって
 第三節 「真の神」の到来──伊波普猷における政治的ロマン主義
 第四節 国家という場所──「海部」と「天孫」の二項対立の止揚

終 章 予期せぬ「他者」の到来と、消去不可能な「政治」──〈政治神学〉としての「日琉同祖論」の脱構築

あとがき/ 参考文献一覧/ 索 引

 

『伊波普猷の政治と哲学 日琉同祖論再読』 崎濱紗奈[著] 法政大学出版局(装幀の全体)


著 者

崎濱 紗奈(サキハマ・サナ)
1988年、沖縄生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(表象文化論)博士課程単位取得退学。博士(学術)。東京大学東アジア藝文書院(EAA)特任助教。専門領域は沖縄・日本近現代思想史、ポストコロニアル研究。
 主な論文として――

  • 〈第三次反安保運動下的沖繩基地問題:從SEALDs談起〉(馮啓斌・崎濱紗奈共著、《文化研究》第21期2015年秋季、交通大學出版社)
  • “‘Political Philosophy’ of Ifa Fuyū: the Limits of Identity Politics” (Identity and Movements, EAA Booklet No. 17, East Asian Academy for New Liberal Arts, the University of Tokyo)
  • 「「東アジア」において理論を希求するということ──沖縄の「復帰」をめぐる考察を出発点として」(『日本學論集』第44号、グローバル琉球沖縄研究所・慶煕大学大学院日本学研究会)など。


   * * *

 装幀に用いたのは、著者の方からご提供いただいた何枚かの写真です。これらを組み合わせて制作いたしました。メインの画像は、沖縄で撮影された雑草の、センダングサです。その種子は、くっつき虫、ひっつき虫とも言われます。

『伊波普猷の政治と哲学 日琉同祖論再読』 崎濱紗奈[著] 法政大学出版局


 いつもゲラを拝読した上で装幀を考えます。このご本は、まさに渾身の著作だと思います。とてもおすすめです。書店で実物を手に取って、なかみをぜひご覧になってみてください。

 

 

Read more

アルフォンソ・リンギス『何も共有していない者たちの共同体』、レオ・ベルサーニ『親密性』、在庫あります

アルフォンソ・リンギス『何も共有していない者たちの共同体』、レオ・ベルサーニ『親密性』、在庫あります

中間報告 2024年2月

中間報告 2024年2月

装幀を担当いたしました。『なぜ日本の教育は迷走するのか』大内裕和

装幀を担当いたしました。『なぜ日本の教育は迷走するのか』大内裕和