『スピノザ 共同性のポリティクス』、浅野俊哉

¥2,600  

在庫なし、重版未定

translation missing: ja.products.sold_out.form_description

『スピノザ 共同性のポリティクス』、浅野俊哉、洛北出版
『スピノザ 共同性のポリティクス』、浅野俊哉、洛北出版



スピノザ 共同性のポリティクス
 浅野俊哉 著

  • 発 行 洛北出版
  • 2006年3月刊行
  • 四六判・上製・302頁
  • 定 価 本体 2,600円+税
  • ISBN 978-4-903127-03-3 


その政治的/倫理的思考の革新性はどこにあるのか?
ドゥルーズ、ネグリの思想を踏まえ、〈群集―多数性〉による民主主義の基底をなす、〈喜び〉にもとづく集団的組織化の地平を示す。

〈市民〉でもモラルでも契約でもなく……

スピノザの倫理的な定式はただ一つ。
汝の活動力を増大させるように行動せよ
すなわち「汝の喜びを最大限に味わうように行動せよ」。
これだけである。
国家も共同体も法も制度もすべて、活動力の増大という生命活動のあとから要請されたものであり、その逆ではない


目 次

はじめに
──〈喜び〉と共同性

〈現代性〉
スピノザ・ルネサンスが意味するもの
 スピノザの復権/意識と思考/価値の転換/〈悲しみ〉との闘い/共通概念と〈社会〉

〈倫 理〉
〈善悪の彼岸〉を超えて
 ニーチェにおける〈善悪の彼岸〉/スピノザにおける善と悪の問題/集団的身体と力の構成主義

〈理 性〉
合理主義のメタモルフォーズ
 理性と共通概念/運動および静止/諸身体の共通性/能動性と理性/活動力と喜び/欲望としての理性/〈絶対的合理主義〉の逆説

〈組織化〉
集団的協同の理論
 スピノザの実体概念とヘーゲルの誤解/様態の存在論的前提/「活動力」概念の重要性/自然権と集団的協同

〈強 度〉
〈成熟〉の主題
 スピノザと〈子どもになる〉こと/「無力な隷属者」としての子ども/理性は意志ではない、あるいは十全な観念/共通概念と「ヴィヴィッド」なもの/喜びと悲しみ、そして理性/力を持続させること、あるいは内在する理性/スピノザと〈大人になる〉こと

〈環 境〉
〈自然〉の脱構築
 ディープ・エコロジー派のスピノザ解釈/脱構築された〈自然〉概念と『エチカ』/スピノザの自然概念と〈人間の終焉〉論

〈民主主義〉
国家論の異例性
 国家と理念の分離/スピノザの政治論における権力と国家の発生/政治と倫理の分離の帰結

〈抵 抗〉
『〈帝国〉』の行方
 〈帝国〉の定義と〈群衆―多数性〉/『〈帝国〉』におけるスピノザ/〈帝国〉とスピノザ/〈帝国〉の彼方

〈マルチチュード〉
〈群衆―多数性〉の危機と倫理性
ネグリの立場/ハートの立場/スピノザにおけるピエタスと愛/問いを開いたままで

 註
 後記
 文献一覧


著者紹介
浅野俊哉[あさの・としや]ASANO Toshiya
1962年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。筑波大学大学院哲学・思想研究科博士課程単位取得満期退学。現在、関東学院大学法学部教員。哲学・社会思想史。本書に収録した論文の他に、「理性と情動──スピノザ哲学における合理主義の一側面」「スピノザ主義の経験主義的解釈──ドゥルーズ『スピノザ実践の哲学』をめぐって」など。翻訳に、マイケル・ハート『ドゥルーズの哲学』(法政大学出版局、共訳)など。


書 評
◆ 「週刊 読書人」2006年5月26日号 小泉義之氏による書評
◆ 「読売新聞」2006年6月18日号 林道郎氏による書評


装 幀

戸田ツトム


ご購入について
この書籍は、大手書店さんやネット書店で、お求めいただけます。
また、この小社オンラインストアからもご注文いただけます。

● 小社へのご注文について
 商品の到着をご確認いただいた後、同封の振込用紙にて、お近くのコンビニまたは郵便局で、お支払いくださいませ。
 送料は無料です。書籍代(本体価格+消費税)のみをご請求させていただきます。



 商品の到着後「10日以内」にお振り込みください。

 この書籍は、通常は郵便にてお届けいたします(送料無料)。

 お求めの商品の総合計(税込)が 4,000円以上の場合は「代金引換制」(ヤマト宅急便、代引手数料あり)となります。ご注意くださいませ。

 厚みのある(束幅・約28ミリの)書籍ですので、郵便ポストに投函できるかどうか、ご確認をお願いいたします。

 詳細につきましては 「ご購入方法」をご確認くださいませ。

 以下のネット書店でも、お求めいただけます(下記の書店のロゴをクリックで開きます)。

『スピノザ 共同性のポリティクス』、浅野俊哉、洛北出版
『スピノザ 共同性のポリティクス』、浅野俊哉、洛北出版